2020年07月8日

地域連携が大切 ロクハ荘でも朝市再開

JA草津市女性部ふれあい市部会は、6月1日のJA志津支店、6月5日のJA草津支店に続いて6月17日、コロナ禍で休止していた追分7丁目・長寿の郷ロクハ荘(草津市指定管理・公益財団法人草津市コミュニティ事業団)の朝市「旬彩館」でも活動を再開しました。
 同館での活動は昨年7月からで、地域連携を目指す同館から、地域に根ざした活動を繰り広げているJA草津市女性部に協力の要請があったそうです。
 休止前までは、同館内での開催でしたが、コロナ禍の影響を考慮し同館軒下での活動となりました。
 ロクハ荘の大田広司所長は「草津市コミユニティ事業団は、地域とのかかわり、連携を大切に事業を行っており、私どもの意向とJA草津市女性部さんの活動が一致しています。  これからも共同でいろんな催しにも取り組んでいけたらいいですね」と話されていました

%e4%b8%ad%e6%9c%9d%e5%b8%822 。