2021年01月5日

災害時対応および地域まちづくりに関する協定を締結

草津市とJA草津市は12月17日、草津市役所で「災害時対応および地域まちづくりに関する協定締結式」を行いました。
 締結式には、草津市から橋川渉草津市長、JA草津市からは田中進代表理事理事長が出席し調印されました。
 今回の協定は、草津市内において大規模災害が発生した場合における店舗駐車場の利用や食料品等の物資提供による協力、および平時のまちづくり・地域振興イベントでの敷地利用に関して必要な事項を定めることを目的としています。
 災害時はもちろん、平常時においても地域で開催するまちづくり、地域振興に関するイベント等に際し、市とJAが相互協力を行う協定内容の締結は滋賀県では初めてで、全国的にも珍しいそうです。
 調達物資については、精米や野菜、果物、あおばな茶、みそなどの農産物も含まれています。
 締結式を終えて田中JA理事長は「災害時はもちろん平常時においても、まちづくりや地域振興等に関して、草津市と協力しながら今後も地域貢献活動を展開していきたい」と話していました。

dsc%e5%8d%94%e5%ae%9a%e6%9b%b8