2020年10月16日

地区別総代懇談会開く

 JA草津市は10月6日午後1時30分から、草津・老上地区別総代懇談会を草津あおばな館で開催しました。
今回の総代懇談会は10月24日に開催する8JA合併のための“臨時総代会”を控えて開催されたものです。
なおコロナ感染防止のため、同日午後7時30分から志津・笠縫地区、翌日午後7時30分からは山田・常盤地区の総代懇談会が同館で3回に分かれて開催されました。
 開会で当JA経営管理委員会の村田勘一会長は、日頃の事業活動への理解と協力に対してのお礼と、合併の主旨や意義について述べました。そして「10年後、20年後も『食と農を基軸』として地域に根ざした協同組合であり続けるため、役職員一同、地域組合員の皆さんと一体となって、努力いたす所存です」と挨拶し、より一層のご理解とご協力をお願いしました。
 総代懇談会は、1.大津・湖南・高島地区農協合併について、2.新生JAの合併事業計画について、3.臨時総代会提出議案について、の順序で説明が行われました。
 出席総代の皆さんは、8JA合併への質問や意見を述べられ、合併について理解を深められていました。

dsc_04548JAの合併について説明する当JA田中進代表理事理事長