2020年04月1日

草津野菜の紹介~春大根~

3月に入り、湖南中央園芸組合(北山田)では春大根(青首大根)の収穫が始まり、4月末までに25,000ケースを出荷予定です。

野菜センタより出荷風景

dsc_0031

 

出荷検査風景

img_1115

普段、皆さんがスーパーで目にする大根は青首大根というものが多いです。

葉の部分から下の部分の数センチから10センチほどが薄い緑色をしているため「青首」と呼ばれます。

春大根は水分が多く、切り口は少し透明になっています。このみずみずしさを活かしてサラダや辛みを楽しめる大根おろしにするのがおすすめの食べ方です。

春大根は水分が抜けると味も落ちてしまうので早めに食べ切るようにしましょう。

image1-1

大根を選ぶ際のポイント

・全体に張りとツヤがあり、太くてまっすぐ伸びたものを選びましょう。

・水分が多いほど重みがあります。ずっしりと重たいものを選ぶのがいいでしょう。

・葉付きのものであれば、鮮やかな緑でピン!としているものを選びましょう。大根は葉も食べられますが、大根についたままで置くと大根の栄養分を葉に取られてしまうので、購入後すぐに切り落とし、できるだけ早く食べるようにしましょう。